脱毛エステのクチコミ
脱毛エステのクチコミ
ホーム > 美容 > 美容師の歴史

美容師の歴史

 

 

美容師という職業のはじまりは、「髪結い」と呼ばれる職業からだそうです。

 

時代劇で見られるような、まげや日本髪を結う仕事で、

当時、かなりの高給取りで屋敷が一軒立つほどの繁盛ぶりだったと言われています。

幕府からも様々な面で優遇されていたため、生活も安定していたようです。

 

その後に、日本で最初の美容専門学校として『東京女子美髪学校』が認可されたのは大正2年(1913)。

結髪技術を伝えていくことを目的に、女髪結の師匠たちによって設立された専門学校です。

教科には髪に関するもののほか、美顔術もありました。

これが今日のエステの源流でもあるそうです。

 

昭和32年(1957年)、

主に女性客のために理容師法から美容師法が独立。

美容師法は、

「美容とはパーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」

とされています。


カットを含め、化粧・マニキュア・エクステンションなど女性に対する施術のことを指しています。

男性へのパーマネントウェーブは含まれていませんが、

最近では男女問わず対応している美容室も多くなっています。

 

今も昔も、美容師さんは生活にかかせない存在だったことは変わらないようです。